-20℃以下で起きる現象まとめ

先週末から僕の住む地域では、ついに昼間気温でも-20℃を超えています。

ここからのアップダウンはあるにせよ、1、2月は寒さのピークになります。

秋田に3年、フィンランドにもう1年半住み、ある程度の寒さは気にならなくなっていたつもりですが、-20℃になると話は違ってきます。

今回は増えたおうち時間で、「凍るもの(ほぼ全て)」「できなくなること」「できること」をまとめてみます。

-20℃で凍るもの

  • 湖(-5℃くらいで安定してきたクリスマス頃には完全に凍りました。)
  • 川(縁から徐々に。今月末には完全に凍りそう。)
  • 踏みならされた雪(地面)
  • ニット帽から出た髪の毛
  • ヒゲ
  • 鼻水
  • 吐息がかかったマスクやマフラー
  • 飲み物、果物… (持ち出そうものなら)

できなくなること

  • 室内で半袖短パン(セントラルヒーティングのおかげで冬でも暖かいフィンランドの室内も、-15℃を過ぎた頃からちょっと寒い…。)
  • オフィスへの出勤回数が減る(リモートワーク増やしがちに。)
  • 気軽な散歩(これも自然に減ってしまった。+αの気合いがいる。)
  • スマホが外で冷たくなりすぎると電源が落ちる



できること

  • 自転車走行(どれだけ寒くなろうが、変わらず皆乗ります。)
  • クロスカントリースキー(今年初挑戦。市がコースを整備してくれます。無料。)
  • アイススケート(リンクが街のそこら中に作られます。無料。)
  • 裸で湖に入る(サウナの後ならどれだけ寒くても可能?)
  • 買いたてのビールを3分でキンキンにする

関東出身の僕からするとクレイジーに思えていたこの気温も、毎日のことになると不思議なもんで、人間だんだん慣れてくるものです。

最近はフィンランド人と同じように「今日は-10℃もあるね、暖かい☆」とか言うようになりました。

自分が知らない世界はいつまでもあるのだな。