“バイオエコノミー”という概念

“バイオエコノミー”って知ってる?

EU Science & Innovation による”バイオエコノミー”紹介ビデオ

化石燃料ライフはもう限界

僕たちの今の生活が成り立つのは大部分が化石燃料のおかげ。

エネルギー、プラスチック、服、食品、どれを作るのにも使われる。

むずかしい話じゃないから眉間にしわを寄せないで。

化石燃料っていうのは石油、石炭、天然ガスのこと。

こいつらは燃やして使われるんだけど2つ問題があるんだ。

  • 燃やすとき空気中に出る物質(CO2など)が環境問題を起こす。
  • 資源量に限りがあるから将来無くなる。

”化石”っていうくらいだから時間をかけて自然界で生成されたもの。

1回燃やしたらそれでおしまい。

生物(バイオ)資源ライフの提案

一方で作物や生物は、育てて使っても、また育てられるから無くならない。

森、海、田んぼ、畑などで取れた生物(バイオ)資源や、そのゴミ(生ゴミ)からも今まで化石燃料で作ってたものが作れるんだって。

こんな風に自然のものを使って僕たちの生活を成り立たせていく経済。

これを “バイオエコノミー” って言うんだ。

サステイナブルな社会へ

これからの未来は自然のもので作られた機能的でかっこいい製品がどんどん生み出される。

例えばクモの糸から、コンピューターチップ、健康食品、薬、エネルギー、生活用品が作られるかもしれないんだって。

そうやって新しいテクノロジーが生まれたら、それを支える人たちが必要だから新しい仕事も生まれる。

きっと新しい産業も生まれるし、未来でも続けられる経済成長が望めるよね。

化石みたいな考え方はもうおしまい!

バイオエコノミーを今日から少しずつ始めるために、僕たちが考え方を変えるんだ。

豊富な自然の生物(バイオ)資源を使って、明るい未来を創っていこう。