CATEGORY

現在、東フィンランド大学の森林学修士課程に在籍し、森林マネジメントを専門に日々研究しています。

日常に関連した、森林や自然環境にまつわるトピックを扱っています。

  • 2020年6月7日

【オススメ本】森の仕事がしたいあなたへ

都市部で暮らしている大多数の方にとって、にわかには信じ難い事実ですが、近年林業に従事する若い人が日本では着実に増えています。 理由は色々あるでしょうが、都市化の進む現代に「地方で自然と関わって働きたい」と思っている若い方は一定数いるからではないでしょうか。 「 […]

  • 2020年6月3日

フィンランド式(?) 森の飲み会

5月に入って暖かくなってきてからというもの、週一以上のハイペースで森に繰り出してはソーセージを焼いています。 湖畔で焚き火を囲むと、とりあえずそれだけでなんか幸せなので、あんまりお金がかかりません。 大体いつもスーパーで、ソーセージとビール、お好みでパンを買っ […]

  • 2020年3月13日

人はなぜ木に登りたがるのだろう

最後に木登りをしたのはいつですか? 子供時代、もしくは一度もしたことがないという方も多いかもしれません。 木登りの特別な価値 子供の頃、「木登り」って異常なまでにワクワクしませんでしたか。 至ってシンプルなことなのに、無性に特別感のある行いだったと記憶していま […]

  • 2020年1月19日

WWOOF・自然や食を学ぶ近道

WWOOFとは WWOOF(Worldwide Opportunities on Organic Farms)は、有機農家で働く体験をしてみたい人と有機農家を繋ぐNGOです。 信頼に基づいたサステナブルな社会の実現を目的に、1971年にロンドンで設立され、その […]

  • 2019年12月19日

フィンランドにおける Everyman’s right(自然享受権)vol.1

「自然は誰のものでもない、みんなのもの」 言うのは簡単だけれど、人間社会ができて、土地がお金や権利と絡むようになってから、実現するのはなかなか難しい。 それでも、北欧諸国を中心に、いくつかのヨーロッパの国々では、そこが誰の土地であろうと、すべての人が自由に、自 […]

  • 2019年12月6日

ワインコルクの正体

ありがたみに気づくと何かを大切にしたくなる。 環境問題に対する姿勢にも似たようなことが言えるかもしれません。 自然の中に入ってその素晴らしさを感じたり、自然由来の物への理解を深めたり、すればするほど、自然を大切にしようという気持ちが湧いてきます。 以前、下の記 […]

  • 2019年11月2日

キシリトールガムの正体

フィンランドのお菓子と言えば、サルミアッキ。 フィンランド人なら嫌いな人はいないほど、愛され続ける国民的キャンディー。 “お口の恋人” (引用元:ロッテ)として、この国では確固たる地位を築いています。 サルミアッキについては、こちらで詳 […]

  • 2019年10月12日

木造建築の未来 (CLT)

CLT (Cross Laminated Timber) を知っていますか? 地球温暖化への影響を抑えるため、バイオエコノミーへとシフトする中で、建築分野は人間にとって、その経済規模の大きさからも1つのチャレンジになる。(バイオエコノミー:slowlandia […]