CATEGORY

Finland

同国のヨエンスー市に住んでいる僕が、フィンランドのあれこれを書いています。

フィンランドや北欧の文化が好きな方に楽しんでもらえたら嬉しいです。

  • 2021年3月22日

氷上を走り抜ける。真冬にだけ北国で姿を表す氷の道(アイスロード)

寒冷な気候の国では冬の間、湖、河川、海などで水面が数ヶ月の間、凍結する現象が起きます。 【関連記事】大自然が生み出すアイススケートリンク 今年だとフィンランド東部では、湖が12月頭から徐々に凍り始めました。溶け出すのは4月始めになりそうな感じです。 川や海の場合は湖と違い、流れがあるので、湖が凍るエ […]

  • 2021年2月11日

フィンランド大学院留学にかかる費用 vol.2 (諸経費の内訳)

vol.1では、フィンランド大学院留学にかかる費用を僕ベースで紹介しました。 続編の本記事では、諸経費の詳細を解説します。 事前準備費用の内訳 VISA取得費 ¥37,000 在日フィンランド大使館へVISA申請する際に支払う料金です。 渡航費 およそ ¥100,000 航空券代は諸条件によって変動 […]

  • 2021年2月9日

フィンランド大学院留学にかかる費用 vol.1(僕は即決しました)

久しぶりに役立つ(?)情報をお届けしたいと思い、この記事を書きます。 現在、僕はフィンランドの大学院に在籍しています。 アカデミックイヤーは秋・春の2セメスターから成っており、今は2年目の春。大学院は通常2年ですので、今はパッケージ上最後の学期です。 平日は会社で働きながらですが、毎日コツコツと修士 […]

  • 2021年1月15日

鼻水が凍っても、自転車は乗る? -20℃以下で起きる現象まとめ。

先週末から僕の住む地域では、ついに昼間気温でも-20℃を超えています。 ここからのアップダウンはあるにせよ、1、2月は寒さのピークになります。 秋田に3年、フィンランドにもう1年半住み、ある程度の寒さは気にならなくなっていたつもりですが、-20℃になると話は違ってきます。 今回は増えたおうち時間で、 […]

  • 2020年10月7日

コリ国立公園(Koli National Park)。フィンランドを象徴する風景がここにある。

久しぶりに大自然という大自然に繰り出しました。 フィンランド東部では、9月末しばらくの間、天気が素晴らしく安定していました。太陽が今シーズン最後の仕事をやってのけ、青空に紅葉が映えて秋がピークを迎えました。 「コリ国立公園」は、Joensuu(ヨエンスー)市内から車で北東へ1時間行ったところにありま […]

  • 2020年7月15日

フィンランド野球?「ペサパッロ」のルールを簡単にまとめてみた。

野球観戦は僕にとって小さい頃から圧倒的に好きなことの1つ。 日本でどこに住んだ時も、アメリカにいた時も毎年野球場に足を運んでいます。 フィンランドに来る頃、「野球らしきスポーツ」がどうやらあるらしいと噂を聞きつけてから、なんやかんやと1年経ってしまいましたが、先日遂に観戦を果たしました! 観戦後の感 […]

  • 2020年7月9日

フィンランドが幸福な理由(vol.2)「好きなことへの没頭と安らぎタイム」

フィンランドに住み始めて約1年が経つ。 前回の投稿で(vol.1)としていた手前、続編を書くつもりでいたのだが、特にあれ以来、僕の視点から論じられるフィンランドが幸福な理由には変化がない。 ただ、僕自身のマインドがこの1年をかけて、フィンランド的な価値観にさらに染まっていっているのは間違いない。 昨 […]

  • 2020年6月22日

釣った魚は会社のランチで。フィンランドの職場での初体験5選。

すっかり個別の出来事や考えについて書くスタイルで、このブログを更新してきましたが、今日は珍しく自分の近況をアップデートします。 「海外で働く」夢を形にしていく 3月から徐々に、6月から本格的にインターンという形で、森林関連の会社で働かせてもらっています。 雇用形態はどうあれ「多文化な仕事仲間とプロジ […]

  • 2020年6月3日

ソーセージとビールを持ったらいざ森へ。フィンランド式、森の宴。

5月に入って暖かくなってきてからというもの、週一以上のハイペースで森に繰り出してはソーセージを焼いています。 湖畔で焚き火を囲むと、とりあえずそれだけでなんか幸せなので、あんまりお金がかかりません。 大体いつもスーパーで、ソーセージとビール、お好みでパンを買って行きます。 みんなで森まで散策し、火を […]

  • 2020年5月9日

とりあえずバーベキュー。フィンランド の焚き火インフラがすごい。

薪となる木材資源に溢れ、人口密度も低いフィンランド。 もしも「国民一人当たり年間焚き火回数」のような統計があったら、世界ランク1位もあるかもしれません。 僕が森の話をするときは、アウトドア派のバイアスがどうしてもかかりますが、それにしてもフィンランド人は、全員自分で火をおこすスキルを持ち合わせている […]