自分の可能性を決めるのは自分

一生懸命な人はマジでかっこいい。

今日もまた頑張ってる仲間に勇気をもらった。

自分がどこまでいけるか、いつだって決めるのは他の誰でもない自分だ。

できると思う。やると決める。練習する。

現実的に実力が必要な分に足りていないうちは失敗する。

失敗したらまた足りない分を埋めるための練習を再開すればいい。

途中の険しい道でかなり惨めな気持ちになるかもしれない。

それでもやりたいと思うのかどうか。本当にそれだけだ。超シンプル。

失敗するのはみんな傷つくし嫌だ。

恥ずかしいとか、かっこ悪いとか考え出して怖くなってやめちゃう。

最後の関門は、いつだって勇気を伴った行動。

頭の中にある「こういうのが自分」の外にちょっとずつ出てみる。

1ミリでも、0.1ミリでもいいから、昨日よりは出てみる。

明確な基準なんて全くないけど、これをやってる人の雰囲気ってある。

他人がダサいと思うかどうかなんて「うっせえな」って感じだ。

僕も常にそういう人でありたい、と思わせてくれてありがとう。