褒め言葉というプレゼント

ポジティブな言葉という贈り物

褒められるのは嬉しい。

自分も、相手を尊敬していたり、好きだったりすると、会話の最中に “褒め言葉” が勝手に口をついて出てくる。

「面白い」とか「楽しい」は一人でいても結構感じられるが、「嬉しい」は人のおかげで感じられることの方が多いかもしれない。

お金をかけて、ラッピングとリボンをして渡すものだけがプレゼントじゃない。

すべての購買意欲がポジティブな感情を求めて沸くのならば、 “褒め言葉” とか「元気づける」や「勇気づける」は、お金のかからない、立派なプレゼント。

人の直してほしいところに目を向けるのではなく、良いところに目を向けて暮らす世界に生きることを決めるだけで、良い気持ちを得るのが簡単になる。

「批判」よりも「賞賛」、「叱る」よりも「褒める」、「直そう」よりも「伸ばそう」が世界に増えていくことを僕は願っている。

「できないから直そう」も良いけど、「できないことは補い合おう」の方がもっと良い。

こんな気持ちにさせ、この文章を書かせてくれた周りの人達に感謝。嬉しいです。



2019年もおつかれさま

年末年始に1週間ほど日本に帰ってきており、ありがたいことに沢山の仲間が時間を作ってくれ、美味しい日本食を連日食べ続けています笑

自分のやりたいことに向かって、苦しかろうが、地道に毎日努力を続けている同志達は、ポジティブなエネルギーや言葉に溢れていて、彼ら彼女らから、僕はいつもパワーをもらっています。

2019年が終わります。

年末に会ってくださった方々を始め、独自の道を信じて突き進む仲間達、those who spent much of time with me this year in Finland, and all the others who helped, encouraged, and helped me, (Maybe I should start blogging in English at some point) thank you so much for 2019!

また2019年に、Slowlandを訪れ、記事を読んでくださった全てのみなさま。本当にありがとうございました。

始めは、趣味程度で始めたこのブログも、自分なりに継続してみたところ、確実に反響や成果が大きくなっており、嬉しいです。

来年も引き続き、休憩中などにSlowlandを訪れてもらえたら嬉しいです。

2020年。ゾロ目だし、オリンピックもあるし、令和になって初の丸1年。

なんだか特別な新年を、みなさまが自分の心や体を大切に、充実して送れることを僕は心から願っています。

Just lay back and listen to your heart. -Ryo