瞑想がもたらす快感

最近勉強などの作業中、うまく集中できないことにストレスを感じていました。原因は一つじゃないと思いますが、その一つにソーシャルメディアによる意識の妨害があると思い、しばらくInstagramをlog offしています。

集中力を高める為のアドバイスを求めて、このMamata VenkatさんのTEDtalksに辿り着き、毎日数分の瞑想を生活に取り入れ始めました。

瞑想ってなんだろう

瞑想と聞いてどんなイメージを抱きますか。

瞑想する効果について巷で言われているものとしては、

  • 心を落ち着ける
  • 雑念を取り払う
  • 集中力を高める
  • 信念を思い出す

などなど。正直抽象的でよくわからないことばかり。

それは他の全てのことと同じでやった人にしかわからないし、何より瞑想の効果なんてのは心や感覚の話だから、そりゃ誰にも腑に落ちる説明なんて誰にもできないのだと思います。

前まで僕は、ちょっとスピリチュアルで不思議なイメージを持っていた気がします。なんか得体の知れない謎の行為みたいな笑

それは瞑想してる人に対して「悟っちゃっててやばそう」とかそこまでではないですが、同じような効果を得るために、わざわざ瞑想までしなくても自分の時間を取って運動したりゆっくりしたりすればいいかなと思っていました。



本来の内なる自分と繋がる

動画の中の “If practiced properly and diligently, it’s a constant reconnection with your true inner self.” が、僕は腑に落ちました。

僕は今大学院生として過ごしているわけですが、会社で働く経験を過去数年したことが助けて、この生活をしている目的やキャリアビジョン(大学時代は全然考えられなかった)をある程度明確に持っています。

瞑想を習慣化し始めて感じるのは(言葉にするのはやはり難しいですが)、自分の目標や行動指針を落ち着いて反芻する時間を取ることで、毎日の人生を能動的に進めていくパワーが得られることです。

毎日絶えず行うありとあらゆる選択(特に時間の過ごし方)に対して、自分でバンバン意思決定を行える状態に入りやすくなる感じがするので、瞑想をやり始める前より生きていて毎日が気持ちいいし楽しいです。

瞑想は難しくもなんともないし、やっている人達はおそらく瞑想によってもたらされる精神状態がただただ気持ちいいからやっているのでしょう。僕も続けます。

つまるところ瞑想は、お風呂、ジム、ヨガ、言っちゃえば酒、タバコ…などの他のあらゆるリフレッシュ方法と同じで、別にやってる人達がみんな人生に達観しちゃってる僧侶とかではないわけです。