Profile

Ryo(写真:鳥海山)

2019年6月に「Slowland」運営を開始。

著者紹介

生い立ちと性格

関東地方で自然派の両親に育てられ、幼少期からもっぱらアウトドア派。

少年時代は野球のことで頭がいっぱい。新たなゲームがいくら開発されても、外で友達と遊ぶのが一番楽しかった。

高校生のときにイスタンブールを旅してから、「旅人気質」が育ち始めた。

自分の目で見たことを信じたい頑固者で、好奇心に身を委ねていたら、移動が多くなった。

笑顔とコミュニケーション力を人に褒められ、うっかりした性格を仲間によくいじられる。

「ゆるい」、「ゆるキャラ」、「ゆとりの賜物」などと呼ばれた僕は “Slow” な人間 。

現在に至るまでのストーリー

国際教養大学(秋田)へ進学し、ピッツバーグ郊外で1年間留学。

夏に長く滞在した北西部の街(ベリンハム、シアトル、ポートランド)のライフスタイルがしっくりきた。

ファームステイをきっかけに「サステイナビリティ」や「パーマカルチャー」に興味を持つ。

卒業後は国内大手の環境製品メーカーに就職するが1年で退社。ログハウスメーカーへ転職。

フィンランドログ材の輸入に従事し、渡航を繰り返すうちに、自然豊かな住環境で育まれるフィンランドの人々の暮らし方・考え方に魅了され、フィンランドへ渡り森林管理について学ぶことを決意。

在学中、現在も所属する企業で働き始め、今日も森林管理・保全への理解を日々深めている。



「Slowland」では、Slowな著者の実験的な人生の経過報告を交えながら、ときどきの興味に任せて、自然、文化、社会に関することを中心に、読後にあなたの気持ちが少し軽くなったり、ちょっぴり元気が出る記事を書きます。

ファストで情報過多な時代に、ここがあなたの “休憩場所” になったら嬉しいです。

どうぞよろしく。