Profile

Ryo(りょう)。

2019年6月に当ブログ「Slowland」を本格的にスタート。

現在は、東フィンランド大学の森林学修士課程に所属。日々、バイオエコノミーや森林マネジメントの勉強をしています。

また、Webメディア「IDEAS FOR GOOD(社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン)」で定期的に記事執筆をさせていただいております。

著者紹介

生い立ち・性格

関東地方で自然派の両親に育てられ、幼少期からもっぱらアウトドア派。

少年時代は野球のことで頭がいっぱい。新しいゲームがどんなに開発されようが外で遊んでいた。

高校時代、イスタンブール(トルコ)を旅してから徐々に旅人気質が育ち始め、難しい規則が多い組織は敬遠するようになる。

笑顔とコミュニケーション力を人に褒められ、うっかりした性格を仲間にいじられることが多い。

「ゆるい」、「ゆるキャラ」、「ゆとりの賜物」…。

数々の友人がこれまで指摘した通り、僕は “Slow” 。

現在に至るまでのストーリー

国際教養大学(秋田)へ進学し、ピッツバーグ郊外の大学で1年間留学。

アメリカを4ヶ月かけて一周し、特に長く滞在した太平洋岸北西部の街(ベリンハム、シアトル、ポートランド)でライフスタイルの礎を築く。

シアトル郊外の有機農家でファームステイをした頃から、本格的に「サステイナビリティ」や「パーマカルチャー」に興味を持った。

学士論文は「ポートランドのまちづくり」について。

卒業後、日系の環境貢献製品のメーカーに就職するが、大企業の社員として働くよりも、自身が専門家として自然により近い位置で、環境保全に役立つ(人と自然を繋ぐ)方法を考え始め、約1年で退社。

その後、ログハウスメーカーに約1年間勤め、フィンランドログの輸入に携わり、フィンランドと出会う。

今まであまり知らなかった日本から少し遠いこの国と、僕が出会うのは必然だったのかもしれない。

自然豊かな住環境で育まれる、フィンランドの人々の思想とライフスタイルにすっかり魅了され、森を中心に自然への見識をさらに深めるべく、フィンランドの大学院に進学することを決意。

今に至る。

読んでいただいた方にとって、この “Slowland” が休憩場所のようになったら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。