TAG

フィンランド

  • 2020年1月2日

年末にフィンランドから日本へ帰った瞬間に感じたことTOP3

クリスマスをフィンランドで過ごしてから、少しだけ日本に帰国しています。 半年ぶりに日本に帰り、成田空港を出てから1時間もしないうちに、日本とフィンランドの違いを直感でいくつか感じました。 中でも大きく感じた3つを紹介します。 1. 青空と日光に感動。東京の12月はフィンランドの9月末。 もっとも重大 […]

  • 2019年12月22日

フィンランドでは当たり前?驚きのサウナ文化

フィンランドに住み始めて半年近く経ち、基本的な種類のサウナには一通り入りました。(一般家庭、フラット、ホテル、公衆、コテージなど。) 家の近くの公衆サウナの年間会員にもなり、すっかり僕も“サウナー”です。 フィンランド式に馴れ親しみ、日々ととのえていますが、フィンランドのサウナには、改めて日本人視点 […]

  • 2019年12月19日

フィンランドにおける Everyman’s right(自然享受権)vol.1

「自然は誰のものでもない、みんなのもの」 言うのは簡単だけれど、人間社会ができて、土地がお金や権利と絡むようになってから、実現するのはなかなか難しい。 それでも、北欧諸国を中心に、いくつかのヨーロッパの国々では、そこが誰の土地であろうと、すべての人が自由に、自然の中を散策することが許されています。 […]

  • 2019年11月28日

IDEAS FOR GOOD・フィンランド発、従業員に静けさと幸せをもたらす「Framery」の防音ルーム

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン【IDEAS FOR GOOD】に、記事を掲載していただきました。 うっかり忘れがちだが、「静寂」は生産性を上げる手っ取り早い方法。 カリフォルニア大学の研究によると、小さな物音によって一度集中が途切れた後、人間の脳が再び同じ集中状態に戻るには約20分かかる […]

  • 2019年11月21日

IDEAS FOR GOOD・エコな交通手段で報酬がもらえる「CitiCAP」フィンランドの環境先進都市によるモビリティ活用

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン【IDEAS FOR GOOD】に、記事を掲載していただきました。 人口約12万人のLahti(ラフティ)市は、 “Personal Carbon Trading” と呼ばれる世界初の取り組みを行なっており、ヨーロッパ随一の環境先進都 […]

  • 2019年11月16日

世界が眠り始めてしまった

11月に入ってから基本の気温は氷点下、空が青い日は週に1日くらい。 昨年2月に6日間だけ訪れたフィンランドは確かに噂通り寒かったけど、その時は割と天気も良かったので、生活し始めた今になってようやく”冬のフィンランド” の本性に対峙している。 お日様はどこかへ行ってしまった 7 […]

  • 2019年11月13日

フィン流の接客スタイル【後編】

【前編】 先日、携帯ショップで起きたプチ事件を元にカスタマーサービスを考察しています。 日本とフィンランドで接客のあり方はどう違うのか。そこから垣間見える、働き方の違いとは。良い接客、はたまた、仕事ができるってなんなんでしょうか。 Juho(仮)とOttoは、僕のプリペイドSIMを巡って、壮大なテー […]

  • 2019年11月13日

フィン流の接客スタイル【前編】

先日、スマホのことで少しめんどくさいことが起きました。 ただめんどくさかっただけで最後は解決したので、わだかまりなしです。 結局2人の店員さんに別々に対応してもらうことになりましたが、2人の仕事ぶりが対照的で、カスタマーサービスのあり方について考察させてくれました笑 2人とも日本にはいないタイプの店 […]

  • 2019年11月2日

キシリトールガムの正体。虫歯予防のあの成分、実は○○から採る?

フィンランドのお菓子と言えば、サルミアッキ。 フィンランド人なら嫌いな人はいないほど、愛され続ける国民的キャンディー。 “お口の恋人” (引用元:ロッテ)として、この国では確固たる地位を築いています。 サルミアッキについては、こちらで詳しく解説されています。 しかし!実はサル […]

  • 2019年11月1日

IDEAS FOR GOOD・CO2排出量で宿泊費が変わる。森と湖の国が提案する究極のエコツーリズム

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン【IDEAS FOR GOOD】に、記事を掲載していただきました。 フィンランドに2022年オープン予定のエコリゾート「Arctic Blue Resort」では、ゲストが滞在中に排出したCO2量に基づいて、支払う宿泊費を変えるという、環境に優しく面白い取り […]