【IDEAS FOR GOOD】トヨタがつくる最先端技術の実証都市「コネクティッド・シティ」静岡に建設へ

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン【IDEAS FOR GOOD】に、記事を掲載していただきました。



“トヨタがつくる最先端技術の実証都市「コネクティッド・シティ」静岡に建設へ”

トヨタが、人口知能(AI)や自動運転など、最先端技術を実証するスマートシティ(コネクティッド・シティ)をつくる。「Woven City(ウーブン・シティ)」と名付けられ、静岡県裾野市にて2021年初頭から着工予定だ。

人々が実際に暮らし、最先端技術を実際に試すリアルな場となることで、技術開発とその検証をより早く、より簡単に行い、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続ける狙いがある。

発表で紹介された構想は、人々の暮らしの質をテクノロジーにより高めると同時に、環境との調和にも重きを置いたもので、同社が描く都市の未来を示している。

人々の世界観を今後大きく変えていくであろう、あらゆる技術革新を促進する大きな役割を、果たして「Woven City」は担うことができるのか。トヨタが踏み出した新たな一歩から今後も目が離せない。